国際結婚 ベトナム成功の秘訣 留学生の実態

みなさんこんにちは
25日に私の妻の誕生日があり都内在住のベトナム人女子留学生が
遊びに来てくれました。
1人は来日1年で日本の生活に慣れたようですがもう1人は来日して
3ヶ月でまだ日本のことが良く分からないと言っていましたね。
どちらも日本語の学習をベトナムの大学で勉強していたとのことで
日常の日本語の会話は全く問題なく話せます。

来日間近の女性に日本はどうですか?と聞いたところ
来日して1週間はホームシックで寂しかったようですが
1ヶ月間くらいでだんだん慣れてきて今では楽しいそうです。
日本は綺麗、街もどこでも清潔に見えるし日本人は優しいです。
特に東京は人が多いですね。

彼女に日本に留学した目的はなんですか?
と聞くとやはり日本で技術や習慣を学びたい先進国を見てみたい。
日本料理も覚えたいとの事で妻が肉じゃがの作り方を教えていました。
味付けが好きなようで肉じゃがをお持ち帰りしました。

留学生自宅にて
ブログ20150427a



留学生が日本で生活をするには大変なようですね。
先ず学費は学校にもよりますが年間100万円前後かかります。
もちろん入学前に前納ですので貯金をするために
毎日遅くまでアルバイトをしなければなりません。
彼女たちから連絡のメールが来る時間は帰宅後の24時頃です。
こちらは既に夢の中ですが・・

日本ではある程度日本語が話せればベトナムより簡単にアルバイトができますね。
しかし収入以上に物価が高いのでお金が入っては全部出ていきます。

聞いたところですと半分の留学生が日本での生活が大変で
1年で帰国する学生も多くいるようです。
夢に見てきた日本で生活するのは外国人には大変ですね。
生まれも育ちも日本の私たちにはわかりませんね。


私は明日から5月12日までベトナムへ行きます。
今回はホーチミンよりはじめてハノイへ行きます。

羽田より1:30分発で5時にホーチミンに着いてから
そのまま国内線でハノイへ行きます。
最近よくハノイの人と話していますがホーチミン人とは少し違うとの話です。
どこが違うかわかりませんが少し楽しみですね。
30日にホーチミンに帰ってから3日結婚式、4日結婚式、5日からお見合いで
10日に結婚式で今回は連日車の移動です。

ベトナム女性の募集も中々少なくなったとお思いましたが
1年間で100名前後の女性が入会しました。
やはり結婚した知人の女性が幸せな家庭を築いている事を確認してから
ようやく私にも紹介して欲しい。ときてくれます。

6月には再度ミャンマーに訪問して紹介を始める予定です。
また帰国しましたらお話致します。
それでは行ってまいります。

詳しくはジューンブライドまでお問い合わせ御願いします。

TEL:047-378-7863     (AM10:00~PM06:00)
softbank:090-6510-6668  (PM06:00~PM11:00)
(担当 竹下俊二)




国際結婚ジューンブライドのHPです。よろしかったら見てくださいね



よろしければ1クリックお願いします!


よろしければ1クリックお願いします!
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

shun51ji

Author:shun51ji
管理人の竹下です。今年2016年で
60才還暦になりました。
相変わらずメタボで糖尿病治療中で1日4回の
インスリン注射を打っています。
今年からプールで歩いています。

再々婚、24年前に大手の結婚相談所の
営業マンとして入会説明等を担当、
その時に結婚事情が、大変な事に気づきました。
1年後ジューンブライド設立、当初は国内結婚のみを紹介していました。

1年後、日本女性との結婚が、思った以上に難しい事に気づき
国際結婚紹介を始めました。

以後7年前までは中国女性の紹介をしていましたが
現在はベトナム女性、ミャンマー女性の紹介をしています。

300組以上の成婚者をお世話しました。
国際結婚の長所、短所は全て理解しております。

またどのようにお相手女性と向き合えば幸せな結婚生活が
営むことができるかも熟知しております。

国際結婚?!
と言うとトラブルの源
上手くいくはずがないとか
胡散臭いね。
なんてよく言われますが
しっかりした業者を選び
結婚を本気で考えている誠実な女性を
紹介することで大半は幸せな家庭を
築くことができます。

国際結婚をお考えの男性
お気軽にご相談ください。
どんな事でも御相談に乗りますので気軽にお声をおかけください。
おなたの幸せを応援しますので・・・
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード