嬉しいお知らせです!!

皆さんこんにちは、昨年御成婚のTさんより電話がありました。
奥さんが来日したのは昨年の11月ですので来日8ヶ月ですね。
私も来日時に一度御自宅にお伺いさせて頂きましたが当時は
まだ日本語の猛勉強中で簡単な挨拶くらいでした。
今は日常会話はなんら問題なく会話できるとのことでした。

男性よりの第一声がとても軽やかでしたので『こんにちは、元気ですか。どうしましたか?』と
お聞きしましたところ『実は・・・今年の10月頃に生まれるので妻がそれまでに旅行に連れてって』
と言うので大丈夫でしょうか?とのお話です。
私は『良かったですね。本当に嬉しいですね!』とお話しました。

彼と出会ったのは昨年の今頃でしたね。
私は彼に初めて国際結婚のお話をさせて頂きました。
その時の彼の第一声は『できれば日本女性が良いんですけどねぇ・・・』 でした。

そして皆さんが最初に思われること。
文化も習慣も違うし、言葉も解らない異国で生活できるのだろうか?ですね。

そこで私は彼に、『それでは○○さん一度国際結婚の御夫婦のお宅を
家庭訪問してみませんか?』

私が国際結婚は、心配ない問題ないと言うより『百聞は一見にしかず』 ですよね。
そして心配なことなど有ったら直接聞いてみてください。
そして全てを自分に置き換えてみてそれが、可能か否か考えれば良いじゃないですか。

そして1週間後私の紹介で結婚した近所の国際結婚カップルの自宅にお伺いしました。

夕方お宅にお伺いしました。奥さんが出来てこられて『こんばんはお久しぶりですね。
お元気ですか?今度はいつ中国に行きますか?』と流暢な日本語で話しました。
多少の中国なまりは有りますが日常会話は全然問題ないですね。

こちろの御夫婦は、3年前に結婚、2年前に娘さんが誕生して
さらにもう一人お子さんが生まれるダブルの幸せ真っ只中でした。
旦那さんは、中国語は話せませんがとても優しい誠実な男性です。

そして男性はいろいろ質問をしてとても安心して帰りました。
私は帰り際にいかがでしたか?とお聞きすると彼は笑顔で
『そうですね。実際に会ってみると良く解りますね。顔立ちも日本人と変わらないですね。』
と言いました。

そして数週間後にお見合いで訪中し、昨年の8月に結婚しました。

去年まで一人暮らしをしていた彼が結婚して奥さんと二人になり
今年の10月にはお子さんが生まれるという事で三人家族になりました。

当初大反対していた彼のお母さんも本当にありがとうございます。と言っていました。

私たちはもちろん仕事ですのでちゃんと費用も頂きます。
しかし紹介した御夫婦が幸せな結婚生活をできることが一番の目的です。
皆さんが幸せになって頂く事がなによりも嬉しいです。』

皆さんも国際結婚に御興味がお有りでしたら一度お話しませんか?
あなたのペースでいいと思います。
でもスタートしなければゴールは無いですよね。
たどり着くまで1年~2年かかっても良いと思います。
スタートしましょう。
御質問等ございましたら何でもお話しくださいね。
ではまた・・・

よろしければ1クリックお願いします!


よろしければ1クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 婚活のすべて - ジャンル : 結婚・家庭生活

プロフィール

shun51ji

Author:shun51ji
管理人の竹下です。今年2016年で
60才還暦になりました。
相変わらずメタボで糖尿病治療中で1日4回の
インスリン注射を打っています。
今年からプールで歩いています。

再々婚、24年前に大手の結婚相談所の
営業マンとして入会説明等を担当、
その時に結婚事情が、大変な事に気づきました。
1年後ジューンブライド設立、当初は国内結婚のみを紹介していました。

1年後、日本女性との結婚が、思った以上に難しい事に気づき
国際結婚紹介を始めました。

以後7年前までは中国女性の紹介をしていましたが
現在はベトナム女性、ミャンマー女性の紹介をしています。

300組以上の成婚者をお世話しました。
国際結婚の長所、短所は全て理解しております。

またどのようにお相手女性と向き合えば幸せな結婚生活が
営むことができるかも熟知しております。

国際結婚?!
と言うとトラブルの源
上手くいくはずがないとか
胡散臭いね。
なんてよく言われますが
しっかりした業者を選び
結婚を本気で考えている誠実な女性を
紹介することで大半は幸せな家庭を
築くことができます。

国際結婚をお考えの男性
お気軽にご相談ください。
どんな事でも御相談に乗りますので気軽にお声をおかけください。
おなたの幸せを応援しますので・・・
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード